adrasteaのSilver Millenniumへの道 RSSフィード

2005-06-28暑すぎて・・・

[]これまでの経緯 Part.4<実写版編 その3> 23:23

北川景子嬢に喝を入れられてから*1みるみるうちに彼女の魅力に引き込まれていき、ついには毎週、ほとんど彼女しか見ていないという状況にまで陥った。そのため、話がどうなっているかわからなくなり、もう一度その回を見直すこともしばしば。ということで本格的に「火星人」の仲間入りを果たしたわけだが、ライバルがとても多い。なんといってもd_siderさん自身熱狂的な火星人だったからだ。

ガンガン蹴散らしてこう、ライバルだらけの真昼〜!

真夜中です。現地時間は夕方だったけど(笑)

ということで何時しかチャット常連になってしまい、帰国日が決定したところで皆様に報告させて頂いたところ、なんと嬉しいことにオフ会を開いてくれると!エ●トシさんやアヤヒト兄さん姉さん、そしてスーツ姿で現れたd_siderさんなど豪華キャストで、しかも会場が「クラウン」のロケ地となったカラオケ屋さん。しかも、ここ、実は自分の地元!ネットオフ会は初めての経験だったがとても楽しく過ごさせて頂いた。あれからもう約一年と考えると早いものだなぁ〜と思ってしまう。

そして、実写版美少女戦士セーラームーンも、着々と回を重ね、最終回へと進んでいくのだった・・・。

・・・つづく・・・

*1:と勝手に思い込んでいる...

u-ayahitou-ayahito2005/06/29 23:51アドさんあなたは一つ間違っています!!私は姉さんですから~ぁって間違っているのは俺か(笑)
っでなぜエン●シさんは伏せ字?(爆)

adrasteaadrastea2005/06/30 00:30しっ、失礼致しました。半分寝ながら書いていたのでお許しを・・・(^^;
ちなみにエ●トシさんです。最近●にいろいろな字が当てはまるようなので、そこはご自由にということで(笑)

2005-06-06今日明日でしばらくは晴れはないですね...。

ルナ?

[]これまでの経緯 Part.3<実写版編 その2> 15:45

イギリス生活は日本とは全然違うし、楽しかったのだが、ずっと生活するにはどうも何かが足りない。毎週末映画を見に行ったり、友人らと食事に行ったり、ロンドンや近辺を軽く電車で回ったりするが、だんだん何処へ行っても同じように見えてきてしまい、少々飽きてしまう。そんな時は自宅へ帰ってパソコンセラムンを見たりするんだが、友人の友人→友人→自宅サーバ→自分のPCというのを経ると最短でも、一週間のタイムラグが生じてしまう。ということで、なんとか自分で入手できないかと考えたのがオンライン録画サービス日本に置いてあるテレビキャプチャー付きPCをつかって、テレビ放送を録画し、録画し終わったら、メールで通知され、ダウンロード可能になる。こうすると、リアルタイムこそかなわないが、放送終了後1-2時間でダウンロード完了*1し、視聴が出来る。料金は、何人かの日本人シェアしたら、一人頭月¥1,500くらいで済んだ。

毎週の放送が当然楽しみになってくる。が、しかし、この放送の話題を出す場所もなく、ただ、悶々とした日々を送っていた。そんな時に見つけたのがd_siderさん*2管理人をつとめる、「実写版美少女戦士セーラームーンML」。ひとまずどういう事が起こっているのか、なにもわからないままひとまず登録。すると日々、各人の放送へのコメント、書くキャラクター、出演者への応援や情報のみならず、スタッフ監督脚本、演出にまで及ぶ、超コアな投稿が毎週多いときは20通くらい来る。そんななか、MLEternal Sphereの「美少女戦士セーラームーン共同チャット*3存在を知る。今は残念ながらもう存在しないが、当時は毎日、日本時間の深夜*4になると何人か集まってきて実写版セーラームーンについて、時にはちょっと脱線もしながら熱く語り合っていた。そんなある日、こういうコミュニティーには参加したことがないのだが、自分もカキコしたいという衝動に駆られ、ついに書き込んだ。そうしたら、多くの人が反応し、暖かい歓迎をうけた。これをきっかけに、毎日自宅に帰ったらここに繋ぐのが日課となって行った。

チャットの嬉しい洗礼が「好きな登場人物は?」という質問。無論、その頃までにはこれまで放送された回については2回以上見ていたので、それまでのキャラクターの性格や特性は分かっていた。分かっていたからなおさら難しい質問である。アニメ版をちら見していた時期はダントツ水野亜美・セーラーマーキュリーだったのだが、今回は全員が全員*5魅力的でかなり真剣に悩んだ*6。毎回、「全員です!」とか、「迷うなぁ〜」とかの連続でやさしい皆さんは「そうですよね!」とか「オレも全員好きだ!」とか言ってくれていたのですが、自分の中の何かが、それではいけないという警告を発していた*7。そんなとき「しっかりしなさいっ!」と言ってくれたのが北川景子演じる火野レイセーラーマーズだった。

・・・つづく・・・

*1回線が遅い故、これくらいかかってしまう

*2:d_siderのセラムン日記: http://sailormoon.g.hatena.ne.jp/d_sider/

*3MLのホームページからかつてリンクされていた・・・(plastic_flowersさん、訂正ありがとうございます!)

*4:または早朝(笑)

*5セーラー戦士を演じる役者達!

*6:(^^;

*7:なんでだろう?

plastic_flowersplastic_flowers2005/06/06 17:57MLのチャットではなくて、EternalShereのASAさん運営の共同チャットですね。
一時期なくなってましたが、今もあります。ほとんど人が来ないですけど。

adrasteaadrastea2005/06/06 21:58あっ、そうでした!たしかMLからはリンクされていたけど、管理人は違う人だということを聞いたことがある気がします。訂正、ありがとうございます!

d_siderd_sider2005/06/07 12:01今でもありますよ~
http://chisaki.cutegirl.jp/chat.html
使われてないですけど(;;)
ちなみに最近アツイのは
http://www.sweetnote.com/board/sailormoon/archives/296448/
毎日セラムン談義で大盛り上がりです。

2005-05-27そろそろ写真とかアップしてみようかな・・・

七曜のオルガン

[]これまでの経緯 Part.2<実写版編 その1> 03:19

「えっ?セーラームーンが実写に?」

それを知ったのは2003年の秋頃。自分がイギリスでの留学生活を開始して間もない頃だった。前の日記にも書いたが、女の子がいわばコスプレ状態で戦闘をしているんだから、かつて人目を忍んでセーラームーンを観ていた一男子が、興味を持たないはずがない。ということで不純な動機ではあるが、それがきっかけだった。

しかし、研究などが忙しく、年末に一時帰国したときまで、実際の放送を見ることは出来なかったし、第一、映像を入手する努力すらしなかった。ただ、公式ホームページがあったので、それを少しばかり眺めてはいた。

一時帰国したとき、ちょうどクンツァイト登場でうさぎが妖魔にされていた。前々からセーラー戦士の髪の色はどうなるのか気になっていたのだが、変身前は普通の色で、それが実写化を「それは無理がある」という状態ではなく、不安が一挙に払拭された。髪の色が黒or茶色だと、変身していない状態は、誰が誰だかわからないのかな?と思ったら、さすがにすでに十何回分、回を重ねているだけあって役者のキャラクターの演じ方で各々の性格が何となく出ていたので少しは分かった。ただし、火野レイ愛野美奈子アニメとはずいぶん性格が違ったので、理解するまで時間がかかった。それにより彼女らのキャラクターに着目するようになり、火野レイ演じる北川景子愛野美奈子演じる小松彩夏への思い入れが強くなったのではないかと推測される。かつて、断片的にアニメを観ていたときは、頭脳明晰なんだけどちょっと天然の水野亜美が好きだったのだが、これをきっかけに、アニメとは違う実写版の火野レイ愛野美奈子というキャラクターに興味の対象が変わってきた。*1

コスプレ状態の女の子アクションをしているというのは、はなはだ違和感を感じるものだと思っていたのだが、見始めて2話目から、既にその違和感はなかった。はじめっからそんなに変なものではなかったのかもしれないか、制作がすばらしかったのか。とにかく、そこに慣れてしまうと気になるのが話の筋である。そのころになるともうイギリスに戻らなければならなかった。運良く、事情を理解してくれる友人がいたため、なんとか録画動画を貸してもらえるように手配しつつ、日本を後にした。

イギリスインターネット事情は日本と比較すると非常に遅れていて、当時「ブロードバンド時代の到来!ついに電話回線の20倍早い回線が来た!」といって1Mbpsの「超高速回線」が月額約35ポンド*2で供給されていた。そんな過酷な環境下でも日本の100Mbps回線で繋がっている自宅サーバを経由して動画を入手。街に慣れて退屈な週末を送っている自分に新たな楽しみが加わった!

・・・つづく・・・

*1うさぎまこと!許してくださいっ・・・(^^;

*2:1ポンド約200円:35ポンド約7,000円

M14M142005/05/28 12:12>そこに慣れてしまうと
そう、いろんなことに慣れることができるかが、この番組を楽しむコツでした(笑)

d_siderd_sider2005/05/28 15:25このパイプオルガンすげー!!
内部戦士萌え教会っすか!?
求める者には必ず出会いがあるもんなんですねぇ~

adrasteaadrastea2005/05/30 09:00>M14さん
なんというか慣れてないときは、ある意味違った楽しみ方がありましたけどね(^^;
>d_siderさん
これはCambridgeの某カレッジのダイニングホールの片隅に置いてあってもので、「おっ!」と思ったので撮ってきました(笑)
月・火・水・木・金・土・日の順に並んでいますね。

M14M142005/05/30 22:49日は◎なんですね。これは万国共通(笑)

2005-05-25気がつくと・・・

[]これまでの経緯 Part.1 00:01

自分が本格的に美少女戦士セーラームーンに本格的に関心を持ち始めたのは実は結構遅く、実写版が始まってから13週経ってからくらいで、そう、ちょうど実写版美少女戦士セーラームーンMLチャットに出没し始めるようになってからだ。ということでこの中では一番の後輩ということになるが、本格的始動前にも、少なくとも外部太陽系戦士を含めた10人のセーラー戦士の名前くらいは知っていた。逆にいうとそれくらいしか知らなかったわけだが・・・。

本格始動後、先ず始めに行ったのが、実写版Act.1からの動画探しだ。といっても当時イギリスに住んでいて、ブロードバンドとは名ばかりの1Mbps回線をつかって、某P2Pソフトを稼働させるわけにもいかず、途方に暮れていた。そんなときに、このコミュニティー外の某友人のつてで、DVD録画をしていた人から動画をGET!日本自宅サーバを経由して1週間かけて、それまでの20話弱を鑑賞した。相当ベタなのかという先入観を持っていた自分だが、役者、脚本アクション、そして特殊効果のおかげで、決して不自然世界観には見えなかったし、さらにはサントラや、そのほか画面外で起こっていることがとても効果的で、とても「お子様」番組とは思えないのだ。

そうしている間に、毎週、いや、もっと細かい頻度でMLチャットの方々と情報交換をしたり、ゴールデンウィークイベントを羨んだりしながら、だんだんとその他の分野、特に、原作とアニメ版に興味を持つようになってきた。

アニメで言うところの「無印」が地上波放映されていたのは自分が中学生の頃で、その頃はさすがに、家族がいる茶の間テレビを見ることは出来なかったが、ケーブルテレビなど、どこかしらで多少は見ていた。その時は正直言うとその衣装や、今で言うキャラ萌え的な対象でしかなかった。でもそれがきっかけで、この作品をある程度客観的に見ることができるようになったと少なくとも自分では思えるようになったのだから、全くその経験を否定するつもりはないし、今でも多かれ少なかれそう思っている部分を残しておきたい。

次回(いつになるか分からないが・・・)は、実写版との関わりについてもっと詳細に記そうと思う。

d_siderd_sider2005/05/26 22:26おおおおお!なんだかすんごい大作独白になりそうな予感(^^)